一人ひとりの繋がりを科学する

検査終了後の検体保存期間について
(DNA検体保存期間 10年→5年に変更)
 

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、保存検体の利用状況を鑑み、2022年1月5日(水)受領検体より検査終了後の検体保存期間を下記の通り変更いたします。
なお、2021年12月28日(火)までに受領いたしました検体につきましては現行通りの保存をいたします。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

期日:2022年1月5日(水)より

対象検体 保存期間(現行)
~2021/12/28まで
保存期間(新)
2022/1/5~から
検査対象
DNA検体 10年 5年 ・HLA遺伝子型タイピング検査
(Luminex法、NGS-SBT法)
・移植後キメリズム検査
血漿(血清)検体 1年 ・HLA抗体検査

ホームページからのお問い合わせ受付について

2021年8月16日(月)より、ホームページからのお問い合わせ受付を開始しました。
ホームページ右上の「お問い合わせ」より、お問い合わせフォームへのご入力をお願い申し上げます。スマートフォンからもご入力いただけます。

LAB Card(血液をろ紙に滴下する用紙)での検体受付
及び 検体採取キット送付終了のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、検査精度の向上および業務の効率化のため、 2021年7月31日をもちましてLAB Card での検体受付を終了致しました。
詳しくは、こちらをご確認ください。

医療従事者の方へ

HLA検査や、研究データ検索、KIRリガンドマッチメーカーなど、治療や研究の参考情報として役立つコンテンツをご用意しております。

個人の方へ

検査手順や検査料金についてご案内します。

各種お申し込みはこちらから

トピックス

HLA研究所について

当研究所は、HLAに関する検査だけを専門的に受託する、わが国でも数少ない検査機関です。

HLA研究所は、公益的な事業形態で活動しています。

  • 住所
    〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134 京都リサーチパーク1号館2F
    地図を見る
  • 受付時間
    月〜金(年末・年始・祝祭日除く)10:00〜17:30
このページの最初へもどる