【医療機関の方へ】
臓器移植後における抗HLA抗体検査保険収載に関する届け出について

平成30年4月1日から抗HLA抗体検査(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体検査(抗体特異性同定検査)の測定が全ての臓器移植後において保険収載となりました。

参考:日本移植学会ホームページ

当研究所は、以下の施設基準を全て満たしております。

①衛生検査所の登録

京都市指令保保生第202号
登録番号:第1027号
(参考資料)
衛生検査所登録証

②関係学会による指針の遵守

当研究所は関係学会である日本組織適合性学会QCWS参考プロトコルに基づいて検査を実施し、
毎年開催されるQCWS(精度管理)、QCワークショップ集会(解析報告会)に参加しています。
(参考資料)
第21回QCWS:抗体QCの評価結果
QCWS集会参加証明書

抗HLA抗体保険収載における届出について

抗HLA抗体検査(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体検査(抗体特異性同定検査)の測定を
当研究所に委託していただいておりますご施設様におきましては、
本紙と評価表、参加証明書(②の参考資料)を添付し、本ホームページのURLを記載の上、
各保険医療機関等の所在地を所轄する地方厚生(支)局へ届け出をお願い申し上げます。

このページの最初へもどる