臓器移植後の抗HLA抗体検査(平成30年度保険収載)
についての受託対応について

平成30年4月1日より臓器移植後の抗HLA抗体検査が保険収載となりました。
現在、当研究所では、日本移植学会から公表されました指針(*1)への対応について検討いたしており、
現時点としましては、保険収載されました「臓器移植後の抗HLA抗体検査」としての受託は控えさせていただきます。

今後につきましては、受託対応が整い次第、改めてご案内をいたします。

(*1)参考:日本移植学会ホームページ

なお、当研究所の抗HLA抗体検査につきましては、その精度を保証するため、
日本組織適合性学会が行う「QCワークショップ」(精度管理)に毎年参加しており、その結果は基準を満たしております。(*2)

(*2)当研究所の認定及び資格取得について

また、従来検査のご依頼をいただいております造血幹細胞移植に係る抗体検査につきましては、
従来通り受託可能でございます。

このページの最初へもどる